DMMデザイン部の新卒研修って何をやるの?

  • Facebook

    0

  • はてなブックマーク

    0

f:id:dmmlabotech:20160216125113j:plain

はじめまして、デザイン部 教育担当の田代です。

 

今回は、デザイン部の教育制度の新卒研修にスポットをあて、

  1. デザイナーとは
  2. 新卒研修って何をやるの?
  3. DMMデザイン部が求める人材!

という流れで話をしていきます。

1.デザイナーとは

デザイナーが活躍する領域は年々広くなってきているように感じます。当社でも、グラフィックが強い、コーディングが強い、企画・提案が強い、イラストが描ける、、、などなど様々な個性をもったデザイナーがたくさんいます。

 

性別がどうとか、若いからとかではなく、デザイナーは自分が持っている物をすべて武器にできる職業だと思います。女性なら女性にしかできない(男性なら男性の)デザインもありますし、若いからできるデザインも、また年齢を重ねてからこそ、できるデザインだってあるはずです。

 

DMMデザイン部ではデザイナーの幅を広げるという事に積極的に取り組んでいます。Web / アプリ / 定量分析 / UX / フロントエンド / 企画などなど、個人面談を通して、配属チームは検討します。

 

けれども、デザイナーはやはり技術職。
スキルを伸ばすのは、新卒だからではなく、現場で活躍しているメンバーもすべて同じです。現状維持はマイナス、成長してこそプラス。そのような気概はいつまでも持ち続けてほしいと願います。

2.新卒研修って何をやるの?

DMMデザイン部では、入社後に、新卒研修という形で約3ヶ月間の研修があります。

この期間で学んでもらうのは、

  • プロ意識
  • Webデザイナーとしての基礎的な技術
  • コミュニケーション能力

という3つです。

プロ意識

学生とプロの違いを理解してもらう為に、ディスカッションなどを通し、目指すべき人物像を考えてもらいます。納期を守る意識や、最低限おさえるべき知識のフォローなどを実施します。 

Webデザイナーとしての基礎的な技術

ここでは、Webデザインをする上での基礎であるグラフィック / コーディングを課題を通し学んでもらいます。

実際のクライアントからの依頼を想定したバナー作成の納品までの一連を体験し、クリエイティブの基礎と業務内容の習得。また、コーディングについては、LPをPCとスマホそれぞれ作成してもらい、デバイスによる違いを理解してもらいます。

コミュニケーション能力

デザイナーは伝えることがまず重要な仕事です。自分で作成したデザインをしっかりプレゼンする → フィードバックをもらう自分の作品に反映するという一連の流れを理解する為に、最終的にはサイトの作成を行ってもらいます。

 

先輩社員の指導のもと、現場で活躍する為の土台をこの3ヶ月の間でしっかりと固めてもらいます。また、同期同士の繋がり、デザイナーとしてのキャリアパスもここで掴んでもらうようサポートします!

3.DMMデザイン部が求める人材!

DMMが求めるデザイナー像は、

  1. プランニングができる
  2. ビジネス視点をもっている
  3. 主体的に動ける

の3つです。

 

物を作るだけではなく、誰の為に作るのか、何の為に作るのか、それは合っているのか、また間違っているのか、自分で考え、それを受け止めて、形にする 。それを“楽しい”と思ってくれる人と、一緒に仕事ができれば、と思っています。


DMMは、デザイナーが挑戦できる会社です。100人を超える個性溢れるデザイナーたちと楽しいデザイン部を一緒につくっていきましょう。


DMMで一緒に頑張ってくれる人は、ぜひ、インターンや会社説明会などに応募してください。詳しくはDMM.comリクルートサイトをご覧ください。お待ちしております。